HOME > 平日が休みの仕事のメリットとデメリット

平日が休みの仕事のメリットとデメリット

"平日が休みの仕事をしていますが、世間一般が休日の時は確実に仕事があると言っても良いので、友人などと日にちを合わせて遊びに行くという事が中々出来ません。
良い面としては、役所へ書類が必要で取りに行く場合の様な、土日祝日や平日夕方以降には開いていない所への用事は簡単に済ませる事が可能です。
買い物などでも、セールがある時はメインは土日などの休日ですが、セールが開始されるのは休日前の金曜日からであったりする為、割りと行き易いです。
混雑に合う事が殆ど無く、用事や遊びも計画通りに進められる為、渋滞や人混みなどで時間を取られたりストレスを感じる事は滅多にありません。
世間が長期の休日を取る様な時は仕事が繁忙期であり、盆やゴールデンウィークはまず休めません。一般的な休日の数と同じだけの日数休みは取れますが、長期の連休を取っても会える友人などは少ないので、大人数でワイワイ遊びに行く様な事は滅多に出来ません。
独身で、普段から特定の人と遊ぶ方には良いと思いますが、子供さんがいる家庭では遊んであげる時間が少ないので辛いです。"

前の記事:介護福祉士の資格をもっています。

現在私は介護福祉士の資格で有料老人ホームで働いています。ヘルパー資格を持っていれ...

次の記事:看護師のイメージ

"義母と義妹が看護師をしています。はっきり言って、看護師は私には絶対務まらない仕...