HOME > 介護福祉士の資格をもっています。

介護福祉士の資格をもっています。

現在私は介護福祉士の資格で有料老人ホームで働いています。ヘルパー資格を持っていれば、介護の施設で働く事は基本的に出来ますが、やはり国家資格である介護福祉士の資格を持っているほうが就職にも有利です。給料も資格手当てがつくことが多いですし、合格率50〜60%のそれほど難しい試験ではありません。資格取得の上での難点は年に一回しか試験がないということぐらいです。実感として、今後の介護業界を考えると介護福祉士の資格が必要最低条件になると思います。さらに上位資格であるケアマネージャーの資格取得を視野にいれた場合、ヘルパー資格では受験資格自体クリアできません。私自身、元々別業種から介護の世界に飛び込みましたが、ヘルパー2級で特別養護老人ホームの契約社員を経て、介護福祉士を取得後、有料老人ホームへ転職しています。

参考:30代で転職を成功させるコツ

行う業務は介護福祉士だろうが、ヘルパー資格だろうが同じです。ですが、給料は特別養護老人ホーム時代は年収180万円ちょっとでしたが、転職して260万円を超えました。薄給には違いありませんが、それだからこそ、この差は大きいと思います。他業種からの転職を考えている人はまずは介護福祉士を目指すべきでしょう。

前の記事:私が資格を取得した理由

"私は日商簿記の資格を取りました。まず3ヶ月かけて3級。そしてその後半年かけて2...

次の記事:平日が休みの仕事のメリットとデメリット

"平日が休みの仕事をしていますが、世間一般が休日の時は確実に仕事があると言っても...