HOME > ウェブデザイナーという仕事

ウェブデザイナーという仕事

"「私の仕事はウェブデザイナーです。主に自宅で仕事をしています。」初めて会った人に、こういう風に自己紹介をすると、まず100%「うらやましい。いいなあ〜。」と言われます。たぶん皆さん「デザイナー」「自宅」という言葉に憧れを持たれているのだと思いますが、実情は結構キツイものがあります。

まずウェブデザイナーがデザイナーの仕事だけをするということはほとんどありません。htmlやcssというスクリプトを組んだり、時にはSEOという検索ランキングを上位に持ってくるための作業もしなければいけません。

またインターネットの技術は日進月歩なので、常に新しい情報を自分自身で頭に入れておかないと、どんどん古い技術者になってしまうという面もあります。

私自身はデザイン以外にスクリプトを組んだりする事にあまり抵抗もなく(というか会社員時代、作業量が多すぎて抵抗してるような余裕もありませんでした。)、この仕事自体が好きなので問題ないと思うのですが、ウェブデザイナーの仕事を希望される方は、事前に具体的にはどのような仕事をするのかというのをきちんと調べてから学校なり勉強なりを始められた方が良いかもしれません。"

前の記事:素早い対応が何より

"クリーニング店の受付をしていますが、お客様にも様々な人がいます。 季節の変わり...

次の記事:短時間での募集

"医療や福祉の現場って、これからの超高齢化社会で絶対的に必要な業種であると思いま...