HOME > クレームを言うときに気をつけたいこと

クレームを言うときに気をつけたいこと

"例えば、スーパーの買い物でレジの店員の応対が悪かったときなど、どうしてもクレームを言いたくなることがありますよね。そのとき、ちゃんとした方法でクレームを言わないと、自分が言いたい内容が伝わらなくなってしまう、ということになってしまいます。そこで、クレームの方法を考えてみましょう。
まず、どこにクレームを言うかについてです。例えば、レジの店員の応対が悪かったとき、本人に直接伝えるのも一つの手です。しかし、店員よりも上の立場の人に伝えたほうが、より効果的です。クレームを参考に、店員の教育体制を改善するなど、店舗全体の改善につなげられるからです。
また、クレームを言うときは、冷静な気持ちで臨みましょう。相手は、何故クレームを言われたのか分かっていないかもしれません。感情的に怒鳴るのではなく、事実を淡々と説明したり、冷静に自分の考えを伝えたりするのが有効だと言えます。
クレームを言うのは意外と労力を使います。お互いにしこりを残さないように、適切なクレームの言い方を覚えておきましょう。"

前の記事:記憶に残る、仕事で謝されたこと

"仕事をしていますと、自分のミスやそうでなくとも同じグループの人のウッカリなどで...

次の記事:素早い対応が何より

"クリーニング店の受付をしていますが、お客様にも様々な人がいます。 季節の変わり...