HOME > 育児休暇のとりにくい環境

育児休暇のとりにくい環境

"派遣で働くにあたってのメリットは、私の派遣先では正社員で働いてきたときと違って必要と判断された残業は理由を聞かれることもなく、すべて承認して貰えるところでした。
サービス残業を強いられることもなく、また接客以外の裏方残業の際はグループで残業を行っていたので、一定の時間まで残業した後は理由によってそれ以上の残業の有無を選択することができました。
また、派遣社員専用の資格が派遣先の企業独自に設定されており、資格を取ればとった分だけの資格手当てを受けることができ、給与も大変良いものでした。

デメリットは、育児休暇などの特有制度が簡単に取得できないことでした。まだ半年の勤務で派遣社員のうちに妊娠をしてしまったので、そのまま契約を更新できずに退職となりました。また、それと同様に、残業の多い職種であったために残業必須の職場では派遣社員として働くことができなかったので、契約と正社員としての差は大きかったと思います。

"

前の記事:短時間での募集

"医療や福祉の現場って、これからの超高齢化社会で絶対的に必要な業種であると思いま...

次の記事:派遣社員とスキルアップ

"派遣で働くことのメリットは何と言ってもキャリアアップが自分のペースで出来ること...