HOME > 50代で日本語下手なパートさん

50代で日本語下手なパートさん

私が以前働いていた職場にはものすごく聞きわけの悪い50代のパートさんがいました。家事代行サービスの仕事をしており、私は事務仕事をしていました。そのパートさんは家事代行スタッフとして働き始めたのですが、周りのパートさんからの評判がものすごく悪い人でした。親切に教えてくれた人にもお礼も言わず、注意したらすぐに言い返し、最終的には「海外にいて日本語がうまくなくてごめんなさいね」と言って適当に謝る程度でした。聞いたところによるとそんなに長い期間海外に住んでいた訳ではなく、学生の頃に留学していたぐらいのことでした。どう考えても日本にいるのが長いでしょと心の中で思う日々でした。50歳で日本語が下手というのは恥ずかしくないのか未だに謎です。あのパートさんとは一緒に仕事をしたくないというパートさんが増え、当時一人だった事務の仕事に移っていただきました。事務に移ってもらったらどうですかと社長に提案した自分が馬鹿だったと後々気づきました。年齢は離れているけど、先に入社した私がいろいろ教えることになったのですが、「そんなの聞いてません」と言われ、会社にいてストレスとの戦いでした。

前の記事:ところ変われば何とやら。社員同士の年賀状

"最近は個人情報の保護を理由に社員同士の連絡先も最低限しか公開していない会社も多...

次の記事:有能な新人への嫉妬?

"私の勤務していたお店に、とても有能な新人さんが入ってきました。 彼女は仕事の覚...